クラシックレース


















こんばんわ。

寒いやら暑いやら分からない季節になりましたね。
昼の車の中はあっついのに、夜はアウターいるぐらいに寒いです。


でも一番良い季節ではないでしょうか。




って、真面目に書いてたら何にも面白くないお(^ω^;)

ふつーのブログですら面白くないのに;;


















先日、2007年最初のクラシックレース桜花賞と皐月賞が行われました。

桜花賞はダイワスカーレット、皐月賞はヴィクトリーが勝ちました。


これでこの2馬のみに3冠馬の権利を手に入れれた訳ですが。

馬主、生産者はじめ各関係者の方々おめでとうございました。





桜花賞は、断然有利と思われていたウオッカとダイワスカーレットとの直線一騎打ち。

見ごたえ抜群でした。

結果は1馬身半差と決定的な差でしたけれども。
ウオッカにはいつもの瞬発力が見れませんでした。原因は何でしょうかね・・・。

もう1頭の有力馬アストンマーチャンは、もう完全なスプリンターでしたね。
武豊騎手と言えでもああなっちゃたらどうしようもないw


さて、オークスですがウオッカは誰が乗るんでしょうか。
桜花賞の結果で騎手が代わるかもしれませんね・・・。

アストンマーチャンが放牧されるため(元々オークス出走なし)武豊騎手は空いています。
まさか!!
と思ったのですが。

忘れな草賞を勝ったザレマって言う馬に決まったみたいですね。



さらに、ベッラレイアっていう素質馬も出ると思われます。
ナリタトップロード産駒なのですが、これ要注目です。
今週のフローラSに出走予定ですので、是非見てみてください。

オークスで◎になるかもしれません。
















皐月賞。


こちらは2強ムード。


派手な勝ち方はしないものの、もんすごい勝負根性の持ち主、4戦4勝のフサイチホウオー。

もんすごい瞬発力と末脚を持っているアドマイヤオーラ。



それに2戦ながらアドマイヤオーラに食いついたココナッツパンチ。
堅実なレースをし続けているナムラマース。
荒削りながら素質馬のヴィクトリー。

かなり混戦だったりもします。





結果は、逃げたヴィクトリーが直線迫ってきたサンツェッペリンをハナ差凌いでの勝利。
テン乗りになった田中勝春騎手はうれしい140戦目にしてG1取り。
いつぞやの安田記念、ヤマニンゼファー以来だったかな?

G1で惜敗続きで引退した半兄リンカーンの悲願を4戦目で達成。
ブライアンズタイム産駒もサニーブライアン、ナリタブライアン、ノーリーズンに続いて4頭目かな。
いっつも忘れたころに取るなーw


フサイチホウオーはさらにハナ差の3着。
もんすごい末脚で来たものの及ばず。あと、1歩・・・や、半歩あったら交わせてたでしょう。

安藤騎手が4角で外にふくれすぎてたみたいでした。
それにフライングアップルとココナッツパンチが進路ふさがれていた気も。
故意では無いと思いますが(故意でしても自馬にメリットなし)、ラジオNIKKEI賞や天皇賞(秋)
など最近審議対象にかかりすぎな気もします。

ラジオNIKKEI賞の結果にはアッレーとか思ってたぐらい。

コレに関しては色んな意見が出ているでしょうね。






アドマイヤオーラは展開のアヤですかね。
最後は最速タイの33.9で来てますし。去年のアドマイヤムーンにしても人気のアドマイヤは・・・。








今回の皐月賞でダービーはほぼ決まりかな。

フサイチホウオーが断然人気になりそうな予感。


にしても父ジャングルポケットと同じ道やなーw
皐月賞では捕らえきれず3着。ダービーは1着でしたけれども。


これで3冠馬は無理なので、ダービーに勝ってプランとして上がった凱旋門賞に行って欲しいですね。
3歳で挑戦。












オークス、ダービー・・・。はたして何が勝つのだろう。


オークス→ベッラレイア
ダービー→フサイチホウオー




今年はコレで決まり!!
[PR]
by toa-i | 2007-04-17 02:35 | 日記


<< オイルがどくどく 深夜のスピーカー >>