2006年 07月 30日 ( 1 )
キングジョージ6世&クイーンエリザベスDS















昨夜、キングジョージ6世&クイーンエリザベスDSがイギリスのアスコット競馬場で行われました!

俗に言う、キングジョージ。フランスの凱旋門賞と並んで世界最高峰のレース(´∀`)
競馬ファンにとって外せないレースです。

そして、このレースには日本からハーツクライが参戦しています。

昔なら、思い出に(言い過ぎk)みたいな感があったけれども。
今回は勝ちを意識して見れるます。ハーツクライは強い。



でも、今回のキングジョージのライバル馬を見ると→

ハリケーンラン
4歳牡馬 凱旋門賞 アイルランドダービーetc  9戦7勝(2着2回)
去年の欧州年度代表馬。現在ディープインパクト並んで世界No.1。


エレクトロキューショニスト
5歳牡馬 ドバイワールドカップ インターナショナルステークスetc 11戦8勝(2着2回)
今年のドバイワールドカップの勝ち馬。去年のインターナショナルSでゼンノロブロイから勝利。



まさに、世界最強馬と言っていい2頭ですね!
ここに日本のハーツクライが肩を並べてる・・・。うれしい限りです。

パドックでは、ハリケーンランの馬体にゾワッとしました。生で見たのは初めてだったんだけど、
なんて言うか輝いてたw
筋肉が無駄なく付いてて、ピシッと張ってて美しい。体全体に輝いてた。

ハーツクライも長期輸送を感じさせないぐらい良い体でした。






ゲートはすんなり出て、道中はハリケーンランが2番手。で、エレクトロ→ハーツクライが続きます。
そして長い直線勝負。
4コーナーでハーツクライのルーメル騎手は絶好の手ごたえ。
それに比べ、ハリケーンランはちょっと後退気味で怪しい手ごたえ。

直線に入って、ハーツクライが1馬身ほど抜け出し、

勝った!!

と、思いました。マジデ

でも、内から後退してたハリケーンランの恐ろしい脚が・・・。
一気にハーツクライとエレクトロを交わして半馬身抜け出したところがゴールでした。

最後に、エレクトロもハーツクライを交わして結局3着でした。ハリケーンランとは1馬身差。

ハリケーンラン・・・強い。強すぎでした。
直線では来ないと思わせといて、グイッと脚を伸ばしてきました。

負けたとは言え、ハーツクライも世界トップの競馬を見せてくれました。強い!
橋口調教師が言ってたように、ホーム(ジャパンカップ)では負けないんじゃないかな。

ハーツ、次走は日本でしょうけどまだまだ楽しみ!




勝ったハリケーンランは2連覇をすべく凱旋門賞に出走すると思います。

そして、ディープインパクトとの対決。

現在、世界でディープインパクトを負かす馬はいない。
と、思っていましたが、今回のレースで対決がめっちゃ楽しみになりました。








           参加しています、1クリック♪→
                           
[PR]
by toa-i | 2006-07-30 09:38